(株)プラネット

TEL:027-372-4501

見守るインソールeyesの目的

maigo00.jpg(39765 byte) 徘徊などで行方不明になった認知症高齢者等の迅速な本人確認と安全の確保、知的障害や精神的障害をもつ方の行方不明時の本人確認手段としても有効です。
また、小さな子供の迷子時の対策にも応用できます。

画面に表示される内容

hyouji.jpg(74583 byte)ICタグに書き込まれたデーターはアンドロイド(Android)搭載のスマートフォンで読み取れます。
利用者のプライドを傷つけないため、外部からは見えにくい靴の中敷にICタグを装着しているが、踵の部分の反射材が目印になる。 また、反射材は交通事故から身を守る方法としても有効である。

パッシブタグ とは

パッシブタグとは、無線ICタグ(RFID)の種類の一つで、電池を内蔵せず1m以下の近距離での交信が可能なタイプのICタグのこと。
rfid.jpg(15812 byte)自らは電源を持たないため、リーダー/ライタのアンテナが放つ電波で電磁誘導を起こすなどの手段で駆動し、電波の受発信を行う。 このため、リーダー/ライタとの交信範囲は短いもので数mm、長くても数十cm程度に限られる。 ただし、電源を内蔵するアクティブタグよりは遥かに安価に製造でき、また、電池切れの心配もない。
交信範囲が狭いことを複数機器間の混信を防ぐのに利用できる場合もある。
ICタグリーダーから発射される電波は、微量な電力を生み出す事が出来ます。その電力で内蔵の個別番号などの情報処理を行い、電波を送信する。
リーダーはこの電波信号を読み取ってICタグの情報を得る。その際に、リーダーはICタグに接触させる必要はありません。